プラセンタと併用してはいけない成分と併用して摂りたいサプリ

プラセンタサプリをより安全に、そしてより効果的に使いたい、と願っている方がほとんどだと思います。

 

こちらでは、

 

・プラセンタと併用してはいけない成分
・プラセンタと併用したい成分

 

について徹底解説します。

 

プラセンタの効能を高めたり、リスクを少しでも下げたい、と思っている方は必見です。

 

 

■プラセンタと直接相性の良くない成分はないが・・・

 

・相性が良くない医薬品もある

 

ピルについて、プラセンタと相性が悪い、といったことを述べている専門家もかなり多いのが事実です。

 

ピルは避妊だけでなく、生理系の症状の緩和を目的として常用している方も少なくありません。

 

そのピルとプラセンタを併用してしまうと体に負担が出てきてしまう可能性が指摘されているので、なるべく利用はしないでください。

 

ただ、専門家によっても意見が分かれているところでもあるので、どうしても併用したい場合はドクターの確認を取るべきです。

 

他にも利尿剤や抗生物質との相性が悪いことも分かっています。

 

プラセンタそれぞれの医薬費の効力を引き下げてしまう可能性が指摘されているのです。

 

プラセンタの効力の半減であれば特に大きな問題はないかもしれません。

 

しかし、利尿剤や抗生物質の効果を引き下げてしまうと、大きな健康被害が出てしまうかもしれないのです。

 

併用はしないでください。

 

 

■プラセンタと併用して取りたい成分とは?

 

・コラーゲン

 

コラーゲンはお肌に対して良い効果を持っている成分です。

 

そして、多くの方がお肌の状況を良くするためにプラセンタを利用している、といった事実があるのです。

 

注目して欲しいのが、プラセンタにはコラーゲンを生成させる機能がある、といったことです。

 

しかし、コラーゲンの原料がなければ、そのような機能も宝の持ち腐れ。

 

そこで一緒にコラーゲンを摂取するのです。

 

一緒にコラーゲンを摂取できれば、コラーゲンになる原料を摂取していることになります。

 

よりお肌への高い効果が得られやすくなります。

 

・ヒアルロン酸
・エスラチン

 

こちらの二つの成分もコラーゲンと動揺にお肌に対する機能を持っている成分です。

 

特にエスラチンに関しては、お肌のコラーゲン同士をつなげる、といった作用があるので、お肌への効果を目的にプラセンタを利用する場合には、摂取しておきたい成分です。

 

ヒアルロン酸に関しては、保湿作用や活性酸素の除去といった作用があります。

 

プラセンタにも活性酸素を除去する作用があり、併用することで相乗効果が得られます。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓