プラセンタを飲むと下痢になることも@下痢をしにくい飲み方とは

プラセンタを利用すると下痢になってしまう、といった報告もあります。

 

こちらでは、下痢になりにくいようにするためにはどうしたらいいのか、といったことをお話します。

 

ちょっとした飲み方を替えるだけで、実際に下痢になりにくくなります。

 

プラセンタを飲んで下痢になってしまったことがある、といった方は必見です。

 

 

■食後に飲むようにすること

 

・食前に飲むと胃腸を荒らすこともあり得る

 

プラセンタサプリやドリンクですが、胃に何も入っていない時に飲んでしまうと、荒らしてしまう可能性があります。

 

量にもよりますが、特に大量に飲むような事になれば、当然胃腸の働きも急激にアップしなければなりません。

 

その結果、下痢のような症状が出てしまうこともありえるのです。

 

食後に飲む、といったことをすれば特に問題はありません。

 

食後に飲むことで、胃腸を荒らしてしまうようなこともずいぶんと防げるのです。

 

もともと胃の中には食べ物が入っているので、その食べ物を消化するために胃酸が出ているので、サプリメントやドリンクのために胃腸を働かせることはあまりないわけです。

 

もしも、プラセンタを利用して下痢になってしまった経験がある方は、飲み方に注意してくださいね。

 

 

■飲むドリンクの温度に気をつけること

 

・常温の水を利用すること

 

プラセンタサプリのケースですが、冷たい水で飲んだりはしていませんか。

 

もしも冷たい水で飲んでいるような状況であれば、胃腸を冷やしてしまうことになります。

 

その結果、下痢のような症状が発生してしまうことも十分にありえるのです。

 

プラセンタを利用するときは、なるべく常温の水を利用する、といったことを心がけてください。

 

胃腸の働きを阻害することはありません。

 

安心して利用できる、といったメリットがあるのです。

 

冷水を利用しない、といったことだけでもだいぶ下痢になるリスクは低減します。

 

 

■気をつけても下痢になってしまった!どうすれば良い?

 

・プラセンタの量を減らしてみよう

 

プラセンタを飲み始めると、好転反応といって体質が変化するので、身体にちょっとした影響が出てきてしまいます。

 

しばらくすれば落ち着くことがほとんどなので、そのまま飲み続ける、といった方法もあります。

 

下痢がどうしても気になるという方は、プラセンタの容量を少し減らしてみましょう。

 

たったそれだけのことでも、下痢が治まるケースはあります。

 

身体が慣れてきたら通常の容量に戻せばよいのです。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓