プラセンタ摂取後の頭痛は副作用?それとも好転反応なの?

プラセンタを飲み始めると、まれに頭痛が起きてしまうことがあります。

 

サプリメントとはいえ、急に頭痛が起きてしまうのは怖いですよね。

 

こちらではプラセンタを飲むとなぜ頭痛が起こってしまうのか、副作用なのか、それとも好転反応なのか、といったことを明らかにします。

 

 

■プラセンタ利用後の頭痛の殆どは好転反応!

 

・副作用である可能性は低い

 

プラセンタは、非常に安全性が高い成分と言っても過言ではありません。

 

安心して利用できるメリットがあるのです。

 

頭痛に関しても、一般的には副作用ではありません。

 

好転反応と呼ばれるもので、基本的にはそのまま利用を続けると収まっていくことがほとんどなのです。

 

 

・なぜ好転反応である頭痛が起こってしまうのか?

 

プラセンタによって代謝が活性化することが大きな原因です。

 

プラセンタには血行を促進させる作用があり、血管を拡張させるような機能があるのです。

 

血管が拡張されれば、脳の血管にも影響が出てくるわけです。

 

その結果、頭痛といった症状が生み出されてしまいます。

 

しかし、血管が拡張される、といったことは悪いものではありません。

 

健康には良いことなのです。

 

しばらくすればその状態にも身体が慣れてきて、徐々に頭痛が起こらないような状況になっていきます。

 

 

■頭痛がひどい!きつい好転反応があった場合にはどうしたら良いの?

 

・プラセンタの摂取量を減らすこと

 

頭痛に関しても、強弱があると思います。

 

好転反応も出やすい人もいれば、出にくい人がいるのも事実。

 

弱い方であれば、ちょっと耐えれば済む話ですが、きつい方の場合には生活に支障をきたしてしまうかもしれません。

 

きつい頭痛が出てしまった場合には、なるべくプラセンタの摂取量を減らしてください。

 

いつもの飲む量の半分くらいにする、といった対策もおすすめです。

 

飲む量を減らすことで、プラセンタの作用が緩やかになります。

 

血管拡張作用や、細胞の活性化作用は緩やかになれば、症状もほとんどでなくなることもあるのです。

 

効果を少しでも早く得たいとのことで、少し多めに飲むと好転反応は出やすいので、まずは容量用法を守ることが大切です。

 

用法用量を守った上で頭痛が強く出てきてしまった場合には、飲む量を減らす、といった対策法を立ててみましょう。

 

ちなみに、プラセンタ自体には重篤な副作用報告はありません。

 

危険性が高いシロモノではないので、長期的に利用しても問題はないです。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓