馬や豚、羊の等のプラセンタがありますがどれが効果が高い?

女性の間で話題となっているプラセンタですが、一口にプラセンタとは言っても

 

実はいろいろな種類があるってご存知でしょうか?

 

プラセンタの原料が「胎盤」であるということは多くの方がご存知だとは思いますが、

 

この胎盤は何の動物のものか知っていますか?

 

胎盤をもつ動物といえば、まず私たち人、そして豚や羊、馬や牛といった哺乳類が挙げられます。

 

この中でも、一般的なプラセンタの商品に利用されているのが馬・豚・羊の胎盤です。

 

では、この主な3種類のプラセンタの中で、どのプラセンタが最も良いと言われているんでしょうか?

 

 

 

 

 

■豚プラセンタって?

 

 

この3種類の中でも、市販のプラセンタ商品として最も多いのが豚のプラセンタです。

 

豚は馬・羊に比べて最も出産回数が多い動物で、そのぶん胎盤も手に入りやすくなります。

 

豚の出産については1年のうちなんと2〜3回も出産が可能ですから、

 

それだけプラセンタのもととなる胎盤が手に入るということです。

 

ただ、豚のプラセンタは、予防接種ワクチンなどの影響を受けているという可能性も否定できません。

 

そのため、豚プラセンタを摂取する際にはまず高品質な豚プラセンタかどうかをチェックしておいた方が安全です。

 

たとえば、日本SPF豚協会の認定を受けた豚プラセンタであるかどうか。

 

この日本SPF豚協会はより安全で品質の高い豚を育てていくための協会で、

 

厳しい基準をクリアしてこの協会に認定された豚はSPF豚と呼ばれ、

 

病気の可能性やワクチンなどの影響などもなく安全性の高い豚だと言えます。

 

最も多く流通している豚プラセンタですが、こういった安全性を重視した選び方を行うと良いでしょう。

 

 

 

 

■羊プラセンタって?

 

流通している種類が少ない羊プラセンタですが、

 

実は最も人と相性が良いと言われているのがこの羊プラセンタ。

 

と言うのは、

 

プラセンタとして利用できる動物の中でも人の胎盤と最も近い胎盤を持っているのが羊なんです。

 

ですから羊プラセンタは人の体に馴染みやすく浸透しやすいという特徴を持っています。

 

また、羊は病気もなかなかしにくく強い体をもつ動物でもあり、

 

そのパワーのおかげで効果も高いと言われています。

 

ですが、羊プラセンタはこの3種類の中で最も高額。

 

現在国産の羊プラセンタは販売されておらず、海外のもののみになっています。

 

もちろん、国産じゃないからといって敬遠する必要はなく、輸入されている羊プラセンタは

 

とても厳しい検査を通過しているものだけになっているのでご安心を。

 

 

 

 

■馬プラセンタって?

 

 

現在日本で最も注目されているのが、この馬プラセンタです。

 

馬プラセンタは栄養価も高い上に、豚にない必須アミノ酸が含まれているということが特徴です。

 

馬プラセンタには優秀な「サラブレッド」の胎盤が使われているものとそうでないものがありますが、

 

一般的にはサラブレッドの胎盤が利用されています。

 

このサラブレッドの胎盤がなかなか手に入りにくいため高額になっているんです。

 

馬は出産後に胎盤を食べる習性がありますし、一般的な馬の中でも

 

優秀なサラブレッド自体が数少ないということも高額な理由に挙げられます。

 

豚は1年に2〜3回の出産をすると前述にありましたが、馬は1年に1度だけ、

 

1頭のみの出産ですからそれだけ貴重なものであるということがわかりますね。

 

好みになりますが、国産の馬プラセンタと海外産の馬プラセンタがありますので、

 

購入時にはチェックしてみると良いでしょう。

 

 

おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓