自律神経の働きを整えるプラセンタサプリメントの力って?

どうもイライラしやすい落ち込みやすい、気分がなんだか落ち着かない…

 

誰でもそういうときってあると思います。

 

こういった精神的に不安定な状態ですが、一時的なものはよくあるものです。

 

しかし、長期間続いてしまったりなかなか気分が良くならないといったとき、自律神経が乱れているという可能性があります。

 

自律神経といえば、多くの方が精神的に不安定になってしまう「自律神経失調症」という症状をイメージするのではないでしょうか?

 

自律神経失調症といのはこの名前のとおり、自律神経の働きが乱れてしまうことによってイライラしやすくなったりする症状のことを言います。

 

が、そもそも自律神経というのは「交感神経」と「副交感神経」のふたつをまとめたもののことを指します。

 

この交感神経・副交感神経というのはお互いに体のオン・オフのスイッチのような存在。

 

呼吸だとか消化、体温調節といった身体の動きから、ストレスや恐怖などの精神的なことなど、体の中で幅広く関わりを持っています。

 

自律神経失調症によって過呼吸が起こったり、顔がぴくぴくとけいれんしてしまうなど自分でコントロールできなくなってしまうのはこのためなのですね。

 

ですから、この自律神経(交感神経と副交感神経)の働きが乱れてしまうと、イライラしやすくなったり、さまざまな症状が現れてしまいます。

 

 

自律神経の働きはストレスや疲れ、アルコールなどいろいろなことが原因ですぐ乱れてしまいます。

 

特に女性は更年期になるとホルモンバランスの乱れが原因で自律神経失調症を引き起こしてしまうこともしばしば。

 

また、自律神経の働きを調節する体の機能が遺伝のために生まれつき乱れている…という方もいるので、その原因は本当にさまざまなのです。

 

自律神経失調症の治療法としては、抗不安薬が処方されることが多いのですが、ホルモンバランスの乱れが原因である自律神経失調症の場合には、ホルモン療法が用いられることも。

 

ホルモン療法というのは読んで字のごとく、ホルモン剤を投与して体の中のホルモンバランスを保つという方法です。

 

しかし、ホルモン療法にはリスクがあり、長期間ホルモン剤を摂取することでがんの発生率が高くなってしまうと言われています。

 

そこで使われるのが、プラセンタを使った治療法です。

 

プラセンタには、たんぱく質・何種類ものアミノ酸など、体にとって嬉しい成分がたっぷり含まれています。

 

このプラセンタは栄養がたくさん含まれているというだけでなく、なんとホルモンバランスを保ってくれるという働きも持っています。

 

ですから、更年期障害の治療には、ホルモン療法よりもリスクの低いプラセンタ療法がとられているのです。

 

また、プラセンタには手に入れやすいサプリメントタイプなども多く、年々その種類が増えてきています。

 

摂取しても副作用も少ないですし、また栄養分が多いということから美容にも良いと言われているため、女性を中心に人気を集めています。

 

プラセンタをサプリメントなどで継続的に摂取することで肌の調子が良くなることも期待できますし、さらに体の中では自律神経の働きを調節してくれるという働きも期待できます。

 

 

おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓