プラセンタ注射は即効性があっても持続性がないのは本当?

プラセンタはサプリメントやドリンクタイプもあります。

 

こちらでは注射タイプのプラセンタについてお話します。

 

注射タイプのプラセンタですが、即効性は高いけど持続性がないと言われているのです。

 

それは本当なのでしょうか。調べてみました。

 

 

■プラセンタ注射には比較的持続性があることが判明!〜プラセンタ点滴と比較して〜

 

・逆に即効性があまりない

 

プラセンタ注射ですが、持続性はあまりない、と言われることが多いわけですが、実は比較的あることが分かっているのです。

 

プラセンタ点滴と比較しての話になりますが、それなりの期間注射したプラセンタが効果を発揮し続けることになるので、効果を長続きさせたい方には適しています。

 

一方で、プラセンタ点滴と比較すると即効性の面では少し劣ることが分かっています。

 

すぐにプラセンタの効果を得たい、なんて思っている時にはあまりおすすめできないわけです。

 

もちろん、サプリメントタイプのプラセンタと比べれば、即効性はあります。

 

サプリメントでの摂取を考えていて、即効性に不満がある場合には、プラセンタ注射の利用はおすすめかもしれません。

 

 

■プラセンタ注射で確実な持続性を得るためにはどうしたら良いのか?

 

・継続的に医療機関へ通うことが必要

 

当たり前ですが、注射の効き目はしばらくすれば薄れてきます。

 

ですから、薄れてきたら再び注射を打ってもらう、といったことが必要なのです。

 

1週間に1回から2週間に1回位のペースで行っている人もいます。

 

しかし、医療機関の注射ですから、コスト面で大きな負担になることも考えられます。

 

クリニックによっては、プラセンタ注射が高額設定されていることもあるのです。

 

【プラセンタ注射の価格相場について】
・1回あたりの注射価格・・・2,000円から10,000円ほど
・1アンプル辺り・・・1,000円から3,000円ほど
・1回の注射で2アンプルから3アンプル利用する

 

さすがに毎日利用できる、といった価格ではありませんよね。

 

もちろん探せば1回あたり1,000円程度で注射できるクリニックもあります。

 

しかし、価格が安いクリニックは、含まれているプラセンタの量が極端に少ないのです。

 

少量のプラセンタを注射したとしてもほとんど有効な効果が得られないです。

 

 

・サプリメントと併用しよう

 

プラセンタ注射の持続性を考えているのであれば、サプリメントも活用して下さい。

 

プラセンタ注射をうち、次回のプラセンタ注射を打つまではサプリメントで凌ぐのです。

 

口から摂取したプラセンタも、体にしっかりと作用してくれるので問題ありませんよ。

 

 

おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓