過剰摂取はダメ!プラセンタを摂り過ぎるとどうなってしまうのか

どんなに安全性の高い物質や成分であったとしても、摂り過ぎてはいけません。

 

安全性の高い成分として有名なプラセンタであったとしても、副作用が出る可能性が指摘されているのです。

 

こちらではプラセンタと過剰摂取の問題について解説します。

 

 

■プラセンタの上限摂取量は決まってない?

 

・100ミリグラム以上が有効な摂取量であること以外の記述なし

 

日本健康・栄養食品協会では、各成分の摂取量な度の目安を発表しているのです。

 

プラセンタも掲載されているのですが、実は上限の摂取量についての記載はありません。

 

「100ミリグラム以上が推奨量」

 

と言った掲載がされているだけで、これ以上飲んだらダメ、といった記載は一切ありません。

 

実は、プラセンタは非常に安全性が高い成分でもあるので、過剰摂取によるリスクは極めて少ないことが分かっているのです。

 

しかし、いくら飲んでも平気、とはいえないわけです。

 

我々はどの位を基準にしてプラセンタサプリを利用すればよいのでしょうか。

 

 

■各サプリの用法用量を守ろう

 

・1日何粒飲むのかをチェック!

 

サプリメントのパッケージには、1日あたりの推奨摂取量が記載されているはずです。

 

サプリメントによっては1日あたり1粒の場合もありますし、3粒の場合もありますよね。

 

その記載されている量を守っていれば特に大きな問題が発生することはありません。

 

確かに、プラセンタについては上限摂取量が決まっていないので、いくら飲んでも平気、と思うかもしれません。

 

しかし、過剰摂取はいくつかの危険があることも確かです。

 

 

■プラセンタの過剰摂取で起こるかもしれない副作用例

 

・顔のむくみ
・ニキビ
・痒み

 

容姿に係るような副作用が出たといった口コミもいくつか発見できます。

 

プラセンタサプリを過剰に摂取したことにより、プラセンタの吸収や分解ができなくなってしまったことで引き起こされた副作用、といった考え方もできますが、実は因果関係はまだ分かっていません。

 

一方で、過剰摂取で起こりやすい副作用、といったものにも目を向ける必要があります。

 

 

・胃部不快感

 

プラセンタサプリを10錠や20錠を、一気に飲み干してしまおうとすれば、胃腸に大きな負担を掛けてしまうことになります。

 

その結果、お腹が圧迫されるような感覚になってしまったり、下痢を引き起こしてしまったり、といったことが起こるのです。

 

しかし、胃部不快感についてはプラセンタサプリだから起きるのではなく、どんなサプリでも起こり得ることです。

 

いくら安全とはいえ、度を超えた飲み方はしないでくださいね。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓