日焼けした夏肌にはプラセンタが効果的だ!

夏は薄着になってしまいますし、日焼け止めを忘れてしまったら1日だけでも日焼けしてしまうものですよね。

 

こちらでは日焼けしてしまった夏肌対策としてプラセンタをおすすめします。

 

果たして、プラセンタはお肌に対してどんな働きをしてくれるのでしょうか。

 

 

■プラセンタの新陳代謝促進作用に注目!

 

・血行が促進され新しいお肌が生み出されやすくなる

 

お肌のトラブルの多くは、ターンオーバーの乱れです。

 

ターンオーバーが乱れてしまうと、古いお肌が残り続けてしまいます。

 

その結果、お肌の色がくすんで見えることもあれば、古い角質の中に皮脂がたまってしまい、そこにアクネ菌などが繁殖してニキビを発生させてしまうことまであるのです。

 

お肌トラブルを抑えこむためには、正常なターンオーバーがどうしても必要になります。

 

そこで注目して欲しいのが、プラセンタの持っている血流促進作用です。

 

お肌は定期的に作られているものですが、そのお肌を作るときには栄養が必要なのです。

 

その栄養を送り込んでいるのが、血液なわけです。

 

プラセンタには血流を促進できる機能があり、皮膚の生成を促進して美肌を作り出します。

 

血行不足に陥っている人は、お肌に何らかの問題が出てしまうものです。

 

プラセンタを有効活用して、お肌の力を高めましょう。

 

 

・メラニンを排出しやすくする

 

ターンオーバーがプラセンタによって促進されることで、日焼けした肌に大きな効果がもたらされます。

 

紫外線がお肌に当たるとメラニンが分泌されるわけですが、そのメラニンは排出されなければ、お肌にとどまってしまいます。色がついてしまうわけです。

 

しかし、プラセンタによって新陳代謝が高められることにより、分泌されたメラニンが自然と排出されるようになります。

 

古いお肌とともにどんどん排出され、お肌に色がつきにくくなるわけです。

 

 

■そもそもメラニンの生成を抑える力があるプラセンタ

 

・メラニンの原料に対処できる

 

メラニンの原料となるのがチロシナーゼと呼ばれる物質です。

 

そのチロシナーゼが活性化しなければメラニンは作り出されにくくなります。

 

チロシナーゼの抑制ですが、実はプラセンタエキスにあることが分かっているのです。

 

そもそもチロシナーゼが抑制されている状態で紫外線にあたってしまったとしても、日焼けの症状が起きる可能性は一気に少なくなります。

 

今年の夏は対策ができなかったとしても、次回の夏は前もってプラセンタサプリを利用して日焼けしにくい状態にしておくべきです。

 

 

おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓