【50代】閉経後に生理復活!プラセンタで女性ホルモン増のワケとは

女性は40代後半〜50代にかけて生理が徐々になくなっていき閉経となります。ここでは、美容にいいとされるプラセンタが閉経へと向かう女性の体にどのような効果をもたらし、プラセンタを摂り入れたことで閉経したはずの生理は復活するのかを調査しました。
プラセンタと女性ホルモンの関係や、閉経前後の女性の心や体の変化にも注目しています。閉経前後の女性の体にプラセンタがどのような働きをするのかを分かりやすく解説しているので参考にしてみて下さい。

 

<目次>
1.【50代】閉経したのに生理が再開@プラセンタで生理復活するの?
1-1.閉経後にプラセンタを摂り入れたら生理が復活!理由は?
1-2.閉経したはずなのに、生理再開したのはなぜ?

 

2.【50代】閉経後に生理復活!閉経前後に体や心に起きる変化@プラセンタの効果
2-1.閉経って体と心にどんな変化が起きてるの?
2-2.閉経の前後に摂り入れたい。プラセンタによる嬉しい効果とは?

 

3.【50代】閉経したはずなのに生理復活?プラセンタを摂り入れた女性たちの声
3-1.閉経後に生理復活?プラセンタを摂り入れた女性たちの声
3-2.閉経後にプラセンタを摂り入れた女性たちの変化を検証

 

4.【50代】閉経後に生理復活!プラセンタで女性ホルモン増のワケとは−まとめ−

 

 


【50代】閉経したのに生理が再開@プラセンタで生理復活するの?

閉経後プラセンタを飲み始めたら、生理が復活したという話を耳にすることがありますが、本当にそのようなことがあるのでしょうか。まずは、プラセンタで閉経後に生理が復活する理由を検証していきたいと思います。

 

 

閉経後にプラセンタを摂り入れたら生理が復活!理由は?
プラセンタを意識して摂り入れることでお肌の艶がよくなったり、髪にコシが出てきたり、毎日の活力が湧いてきたり、と年齢的な身体の変化に悩む女性にとっては嬉しい効果が期待できます。さらに、プラセンタには美容以外でもホルモンを調整する作用があります。女性ホルモンの一種エストロゲンが減少することで現れる症状の一つに「更年期障害」がありますが、その辛い更年期障害の症状にもプラセンタは有効で、摂り入れることでホルモンバランスが調整され症状が緩和されます。

 

 

またプラセンタには成長因子という成分が含まれていることで、閉経によって弱っていく卵巣機能を活性化しエストロゲンの分泌を促しバランスを調整してくれる作用があります。
実際に閉経によって起こる様々な辛い症状を和らげるためにプラセンタを利用するといった方も多くいますし、完全に閉経に至っていない女性がプラセンタを摂り入れることでホルモンバランスが調整され、生理が再開するという場合もあります。

 

 

閉経したはずなのに、生理再開したのはなぜ?
閉経後しばらくたってから出血すると、「閉経したはずなのに生理が再開したけど、どうして?もしかして病気?」と不安になりますよね。閉経後の出血には病気の場合と、そうでない場合があるので注意が必要です。
そもそも、閉経とは「最終生理日から1年以上生理がない状態」をいいます。前回の生理から数か月後の出血は、異常ではなく閉経に向けた過程ですので、心配する必要はほとんどありません。
しかし、閉経後1年以上を経過してからの出血は子宮の病気が隠れている可能性もあるので医師の診断を受けることをおすすめします。もし病院の診断結果で異常がなければ、閉経によるホルモンバランスの乱れによる出血とみてもいいでしょう。

 

>>【50代に人気】ホルモンバランス調整作用のあるプラセンタサプリ「TP200 next」は公式サイトから

 

 


【50代】閉経後に生理復活!閉経前後に体や心に起きる変化@プラセンタの効果

今度は閉経前後の私たちの体や心の変化と、プラセンタの効果についてみてみましょう。

 

 

閉経って体と心にどんな変化が起きてるの?
閉経までの前後5年間、私たちの体に訪れる変化を総称して「更年期障害」といいます。日本人女性の平均的な閉経年齢は50代前後ですが、40代で閉経する場合もありますので、早ければ30代後半、遅くても50代中頃に多くの人が更年期障害を迎えます。
閉経による更年期障害がおこる原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少していくためです。これまで生理周期に応じて分泌されていた女性ホルモンの量が歳と共に減ってしまうことで、心身ともに辛い状態になる女性が多くいます。

 

【閉経の前後に起こる更年期障害の症状】
顔のほてり・肩こり・息切れ・動悸・多汗・尿漏れ・性交痛・冷え性・むくみ・コレステロールの増加・高血圧・脳機能の低下など

 

上記のように老化のスタートともいえる身体の変化を感じるようになります。免疫力も低下するので、風邪をひきやすくなります。

 

 

見た目にも気になる変化が現れます。
シワ・たるみ・乾燥・抜け毛・髪の毛がバサバサになる・薄毛 など

 

女性ホルモンの減少で見た目の若々しさもなくなっていきます。

 

また、身体以外の心にも変化が起きます。
代表的な症状が、イライラ・憂鬱になる・不眠・うつ状態・精神不安定・情緒不安定などで、ちょっとしたことでイライラしたり悲しくなったりと、不安定な状態が続きます。

 

 

こういった不快な症状は、人にもよりますが体がホルモンバランスの変化に慣れるまでの閉経の前後5年ほど続くと言われているので、症状は様々ですが女性にとって閉経前後は苦しい時期になります。

 

 

閉経の前後に摂り入れたい。プラセンタによる嬉しい効果とは?
閉経前後に現れる辛い症状は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することにより起こりますが、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促し、バランスを整えてあげることで症状が緩和される可能性があります。
女性ホルモンのバランスを整えるにはプラセンタはとても有効で、医療の分野でも多く取り入れられています。閉経の前後にプラセンタを摂り入れてあげることでエストロゲンの分泌を促し乱れた女性ホルモンのバランスが整えられ、様々な不快な症状が緩和されていきます。プラ4センタには冷えやほてり、頭痛、などの辛い症状を和らげてくれたり、女性ホルモンの減少によりツヤやハリがなくなってしまったお肌やパサパサになってしまった髪にも効果が期待できます。
閉経の前後に継続してプラセンタを摂り入れることで日常生活の質が向上し、若々しい見た目を保つサポートをしてくれます。

 

またイライラや憂鬱、不眠といった心が不安定な状態にも効果があるため、プラセンタは閉経を迎える女性にとっては積極的に摂り入れると良い成分と言えるでしょう。

 

>>女性ホルモンのバランスを調整!体や心に嬉しい効果が期待できる50代に人気のプラセンタサプリ「TP200 next」は公式サイトより

 

 


【50代】閉経したはずなのに生理復活?プラセンタを摂り入れた女性たちの声

ここでは、閉経の前後にプラセンタを摂り入れた女性たちの声と、彼女たちの体と心に起きた変化を検証していきます。

 

閉経後に生理復活?プラセンタを摂り入れた女性たちの声

・プラセンタの注射を受けています。 52歳

 

「閉経したのに生理のような出血があって病院で検査してもらったのですが、異常がありませんでした。ホルモンバランスの乱れが原因ということでプラセンタの注射を週2回受けています。生理はたまにありますが、精神的にも前向きになって、身体の辛い症状もおさまり、楽になりました。」

・月3回プラセンタの点滴に通っています。 55歳

 

「閉経による更年期のせいか、体がだるかったり精神的にも不安定で落ち込むこともしばしば…。そこで、更年期障害に効果があると聞いたプラセンタを月3回点滴してもらっています。プラセンタの点滴に通うようになってからは、体調もよくなり前向きに生活できるようになりました!本当はもっと回数を増やしたいのですが、お金がかかるので月3回が限界です」

・注射をやめてプラセンタサプリを飲んでいます。 48歳

 

「閉経する前から精神的に不安定で、体調が良くない日が続いていました。症状が酷いときはクリニックでプラセンタの注射を受けていましたが、プラセンタ注射していると献血が出来ないと聞き、安全なプラセンタサプリに切り替えて飲んでいます。注射ほど即効性は無いですが、飲み始めて1ヶ月頃から体も心も安定するようになり、注射よりも安く手間もかからないため安心して飲み続けています。」

 

 

閉経後にプラセンタを摂り入れた女性たちの変化を検証
みなさんプラセンタを摂り入れたことで、閉経前後の辛い症状が緩和されていますね。プラセンタの作用により、女性ホルモンバが調整されたため良い変化を感じることができたのだと思います。
身体だけでなく心にも良い影響を与えているので、閉経前後の症状がつらい場合は試してみる価値がありそうです
プラセンタは、注射や点滴、サプリなどで摂取することができます。注射や点滴は病院やクリニックで受けることが可能ですが、効果の持続期間が短いため週に1回〜2回を目安に通わなければならないのがデメリットです。
また、医療機関によって料金も様々で1回2,000円〜9,000円と幅があるので、よく確認してから行くと良いでしょう。

 

注射や点滴をすると献血ができなくなってしまうので、安全性の高い食品にあたるプラセンタサプリから試してみるのもいいですね。

 

>>閉経の悩みにプラセンタ。安全なプラセンタサプリ「TP200 next」の公式サイトはこちら

 

 

【50代】閉経後に生理復活!プラセンタで女性ホルモン増のワケとは−まとめ−
閉経前後は、女性ホルモンが急激に減少するので心と体のバランスが大きく崩れてしまいます。体調が悪くなるだけでなく、お肌や髪の毛にも影響が出るので私たち50代女性の最大の悩みと言ってもよいでしょう。
閉経の前後の症状を緩和させるためにプラセンタが有効であることがよく分かりました。しかし、医療機関で行われる注射や点滴は、ヒト由来のプラセンタを使用しているので、今現在では注射や点滴のプラセンタ経由での感染症例は一件も報告されていませんが、将来的な感染の危険性を踏まえて献血が出来ません。もし、安全面の不安からプラセンタ摂取を躊躇しているのであれば、注射や点滴ではなく「食品」で安全なプラセンタサプリを摂り入れてみましょう
プラセンタはエストロゲンの分泌を促し、女性ホルモンの急激な減少を緩やかにしてくれるので、身体や心の負担が軽くなります。閉経によるホルモンバランスの乱れの対策として、病院でもプラセンタ注射や点滴を取り入れていることからもプラセンタの効果の高さがわかりますね。




おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓