プラセンタがあの嫌な頭痛・偏頭痛にも効く理由

頭痛や偏頭痛に定期的に悩まされている方も居ます。

 

頭が痛くなると、何事にも集中できなくなりますよね。

 

集中力がなくなってしまい、仕事も勉強も家事もはかどらなくなってしまい、無気力化してしまうわけです。

 

しかし、プラセンタには、そんな頭痛・偏頭痛に対して効果が期待できます。

 

こちらでは頭痛抑制效果の理由について解説します。

 

悩んでいる頭痛を何とかしたい、と思っている方は必見です。

 

 

■そもそも女性が悩んでいる偏頭痛の原因って何?

 

・セロトニンの異常分泌が原因

 

脳内にセロトニンが異常に分泌されると、血管が必要以上に拡張してしまうのです。

 

その結果炎症を起こしてしまい痛みが発生してしまいます。

 

そもそも、女性は男性よりも圧倒的に偏頭痛で悩んでいる人が多いわけです。

 

その原因として考えられるのが、女性ホルモンです。

 

男性は、ホルモンバランスが比較的安定しています。

 

一方の女性は、生理などもあり、ホルモンバランスはいつも一定というわけには行きません。

 

そのホルモンバランスの変化が、偏頭痛を引き起こしてしまっているのです。

 

 

・その他の偏頭痛の原因

 

寝過ぎや食べ過ぎなどが関わっていることもあります。

 

生活習慣を見直しても頭痛が解消されない場合は、基本的にホルモンが関わっていると思って間違いありません。

 

 

■プラセンタが頭痛・偏頭痛に効果を発揮するメカニズム

 

・セロトニンの異常分泌を抑制する

 

偏頭痛の主原因たるセロトニンの分泌抑制効果がプラセンタにはあるとされています。

 

そもそも自律神経などの調節機能も有るので、神経物質の一つであるセロトニンにも高い作用があるとされているわけです。

 

異常分泌されないようにコントロールできるようになれば、自然と頭痛が軽減したり、頭痛自体がなくなる、といったことも考えられます。

 

 

・ホルモンバランスの調節作用がある

 

プラセンタには、ホルモンバランスの過不足を調節する作用があります。

 

ホルモンバランスが乱れてしまった時に、そのバランスをとるような機能が実際にあるわけです。

 

実際に女性は女性ホルモンが減りすぎてしまうことがあるのです。

 

そんな時にプラセンタは女性ホルモンを補ってくれる、といった作用が期待できます。

 

 

・血管の炎症をプラセンタが取り除いてくれる

 

頭痛の原因として血管の炎症も考えられるわけですが、プラセンタ自体に抗炎症作用があります。

 

炎症を抑える機能が有るので、血管の炎症が抑えられ頭痛が抑制される、といったこともあるのです。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓