染めてないのに白髪が消えた!プラセンタは白髪を減らす効果あり

白髪はなかなか回復するものではありません。

 

薄毛の方が髪の毛が復活することもありますが、白髪が黒髪になる、といった報告は殆どないのが現実なのです。

 

一方で、プラセンタには白髪を減らす作用がある、とされています。

 

それは事実なのでしょうか。

 

こちらでは、プラセンタの白髪に対する効果について徹底解説します。

 

 

■プラセンタには女性ホルモン活性化作用あり

 

・女性ホルモンが白髪を減らす?

 

白髪になるのは老化が大きく関わっています。

 

そしてその老化に大きく関わっているのが性ホルモンです。

 

男性であろうと女性であろうと、年齢が高くなるに連れて性ホルモンは減少していきます。

 

結果的に、ホルモンバランスが崩れてしまい、お肌も老化して、それが白髪に繋がる、といった考え方もあるのです。

 

プラセンタには女性ホルモンの働きを補うチカラがあるとされます。

 

女性ホルモンには、皮膚のコラーゲン量を増やす、といった作用があります。

 

プラセンタによって女性ホルモンが活性化されれば、頭皮のコラーゲン量も増えます。

 

その結果、頭皮の細胞も若返り、結果として白髪が改善する、といった効果が期待できるのです。

 

女性の場合は、特に更年期障害前後で急に白髪が増えます。

 

プラセンタで女性ホルモンを活性化して、白髪に対処しましょう。

 

↓↓おすすめプラセンタ体験レビュー↓↓

 

■プラセンタには細胞の活性化作用あり

 

・HGEF(肝細胞増殖因子)
・EGF(上皮細胞増殖因子)
・FGF(繊維芽細胞増殖因子)

 

上記のような成長因子といったものがプラセンタには含まれています。

 

細胞の増殖などを促進させてくれる作用があるものなのです。

 

細胞の働きの低下が白髪を招く、といったことも考えられます。

 

そもそも、白髪にはメラノサイトの働きがおかしくなることで発生してしまいます。

 

いわゆるメラニン色素に関わる細胞なのですが、髪の毛に色を付けなくなってしまうのです。

 

その結果、白髪になってしまいます。

 

メラノサイトを含め頭皮の細胞が健康的な状態になれば、再び髪の毛に色をつけ始める、といったことも十分に考えられますよね。

 

 

■プラセンタには血行促進作用がある

 

・髪の毛そのものを健康的にしてくれる

 

プラセンタには育毛効果があることでも知られています。

 

女性の薄毛は髪の毛が細くなってしまうことによって発症するのですが、プラセンタには血行促進作用があり、髪の毛を太くするような効果が期待できるのです。

 

血行が促進されることによって髪の毛を作る毛母細胞に栄養がたくさん送り込まれます。

 

その結果、髪の毛が健康的になり、白髪も少なくなる、と考えられるのです。

 



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓