プラセンタ注射が気管支喘息に効くの?サプリも試す価値あり

気管支喘息は本当に辛いですよね。

 

吸入器を持ち歩かなければならない、といった方も多いと思います。

 

ちょっとしたことでも喘息が出てしまうことがあるので気が抜けません。

 

そんな嫌な気管支喘息ですが、プラセンタ注射が非常に効果的である、といった指摘がされています。

 

プラセンタサプリメントにも一定の効果があるとも言われています。

 

果たして、それは事実なのでしょうか。

 

こちらではプラセンタの気管支喘息に対する作用について徹底解説します。

 

 

■プラセンタが気管支喘息に対応できる理由とは?

 

・抗炎症作用あり
・抗アレルギー作用あり

 

プラセンタには、アレルギーの症状を抑えるような作用がたくさんあるとされています。

 

炎症の発生を抑えるので、アトピーになりにくくなる、といった事実もありますし、抗アレルギー作用によって気管支喘息の症状が穏やかになることも珍しくありません。

 

特にアレルギーに関しては、自律神経など身体のかなり深いところに関わっているケースが少なくありません。

 

プラセンタには、自律神経調節作用が実際にあります。

 

他にも、細胞活性化作用や血行促進作用があります。

 

それらの有効な作用が身体に与えられることにより、プラセンタに高い効果が期待できるのです。

 

特に気管支喘息に大きく関わっているとされるのが、活性酸素です。

 

プラセンタには活性酸素を除去する働きもあるとされ、継続的に利用することで、身体の様々なアレルギー症状が出にくくなる、とされています。

 

 

■プラセンタ注射とサプリ|どちらが喘息に効果的?

 

・プラセンタ注射のほうが効果的

 

複数のクリニックによって報告されているのですが、実際にプラセンタ注射を行った所、喘息の患者さんの症状が改善しているのです。

 

しかも、かなり早い段階で、風邪などもひきにくくなり、喘息の発作回数も圧倒的に少なくなりました。

 

喘息になると、ステロイド剤などを利用しなければなりません。

 

ステロイドには副作用もあるので気をつけて対応しなければならないのです。

 

しかし、喘息の症状が落ち着けば、ステロイド剤の利用も少なく済むようになります。

 

プラセンタを利用することで、喘息の医薬品による副作用まで少なく出来るのはうれしいですよね。

 

プラセンタサプリに関しても、喘息に全く効果がない、とは言い切れません。

 

プラセンタ注射を受けつつサプリで効果を持続していく、といった対処法も有効です。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓