育毛にも効果アリ!プラセンタで薄毛や抜け毛の対策しよう

薄毛で悩んでいる女性は数多くいると思います。

 

更年期障害を向かえるころになると、どうしても髪の毛が細くなり始めてしまいます。

 

抜け毛も増えてしまいますよね。

 

その結果、薄毛になってしまうのです。

 

こちらでは薄毛治療としてのプラセンタ利用についてお話します。

 

プラセンタは髪の毛に対してどのような効果を持っているのでしょうか。

 

 

■プラセンタには女性ホルモンを活性化させる作用あり

 

・女性ホルモンが活性化されれば薄毛は解消する!

 

女性の薄毛の原因の主たるものは、女性ホルモンにあります。

 

年齢が高くなるにつれ、女性ホルモンがどんどんと減ってしまいます。

 

そして40代なかばになると更年期を迎えますよね。

 

女性ホルモンがほとんどでなくなるような状況になってしまうのです。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長期に対して大きな作用があります。

 

髪の毛の成長期を伸ばす、といった作用が認められているのです。

 

成長期が伸びることで、髪の毛は抜けにくくなり生えている量が多くなります。

 

しかし、更年期を迎えて女性ホルモンが減ると、その髪の毛の成長期を伸ばす、といった作用が失われてしまいます。

 

その結果、薄毛が進行してしまうのです。

 

プラセンタには女性ホルモンの働きを高める力があります。

 

その結果、髪の毛の成長期間が伸びて、抜け毛の量が減る、といった症状が期待できるのです。

 

髪の毛の成長期間が伸びれば、薄毛のリスクも大幅に少なくなります。

 

 

■プラセンタには頭皮の血流を高める作用あり

 

・健康的な髪の毛が生えやすくなる

 

プラセンタには血行促進作用があります。

 

血液の流れを良くしてくれるので、全身に血液が行き渡りやすくなるのです。

 

当然、頭皮の血行も良くなります。

 

髪の毛は血液によって栄養を送られることで生えているのです。

 

もしも、頭皮に血が至らない場合には、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

 

抜け毛が増えてしまう、といった状況にもなりかねません。

 

プラセンタによって血行が高まることにより、髪の毛にも栄養がしっかりと送られるようになります。

 

その結果、髪の毛が太くなる、といった事象が生まれてきます。

 

女性の多い「びまん性脱毛症」は、髪の毛1本1本が薄くなることによって発症することが珍しくありません。

 

プラセンタで血流を改善させてやることができたら、その1本1本の毛が太くなるのです。

 

薄毛の悩みから開放してもらえるかもしれないのがプラセンタです。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓