風邪予防にもいいんです!プラセンタの意外な効果とは

プラセンタは美容目的や、更年期障害の改善を目的として利用している方が圧倒的に多いです。

 

しかし、効果はそれだけではありません。

 

実は風邪の予防作用もあったのです。

 

こちらではプラセンタの意外な効果としての風邪予防作用について徹底解説します。

 

プラセンタのことを深く知りたい、と思っていた方は必見です。

 

 

■プラセンタには免疫細胞の補助機能がある

 

・免疫力を高めてくれるプラセンタ

 

なぜ風邪を引きやすくなってしまうのでしょうか。

 

その原因は、免疫システムがおかしくなっているからのほかなりません。

 

健康的な身体であれば、免疫システムがしっかりとしており、ウイルスが入ってきても駆逐してくれるのです。

 

しかし、ウイスルの侵入を許してしまうということは、身体に何かしらの問題があると考えられます。

 

その何かしらの問題のメインと言っても良いのが、免疫力の低下です。

 

プラセンタには、サイトカインと呼ばれる細胞をサポートする機能があることでも知られています。

 

サイトカインは免疫力を高める力があり、ウイルスの侵入を予防するのに大いに関わっています。

 

プラセンタがあれば、全身の免疫力が高まっている状態をキープできるようになるのです。

 

 

■プラセンタによるストレス予防も風邪予防に関わっている

 

・ストレスと風邪の関係性

 

少し意外なことかもしれませんが、ストレスが風邪を引きやすくしてしまうことがあります。

 

どういうことかといえば、ストレスは体のバランスを崩してしまいます。

 

ホルモンバランスなどの状況も悪化させます。

 

血管を収縮させてしまう、といった機能もあり、全身を冷えさせてしまうこともあります。

 

身体が冷えることで、免疫細胞の働きが弱まる、といったこともあるのです。

 

あたたかいほうが免疫細胞は活性化しますからね。

 

風邪ではありませんが、がん細胞に対しても免疫細胞は対応しています。

 

がん細胞は、体温が高い方にはできにくいといった事実もあります。

 

体温が低い方が癌になりやすいのです。

 

 

・プラセンタはストレスにどのように関わってくれるのか?

 

神経の調節機能がストレスを緩和します。

 

神経の状態を正常化させることで、身体の負担が圧倒的に少なくなります。

 

その結果、体自体がストレスを感じにくくなるのです。

 

また、ストレス症状の一つである血行不良を緩和させる機能もあります。

 

プラセンタには血行促進作用があるので、ストレスによる身体への悪い作用も打ち消してくれるのです。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓