プラセンタで不眠を改善!睡眠障害の悩みも解消できるって本当?

眠れない、ということは本当に辛いです。次の日のことを考えると憂鬱になってしまいますよね。

 

また、夜がくるのが怖い、といった気持ちになってしまっている方もいるのではないでしょうか。

 

こちらでは、プラセンタに不眠を解消するような作用があるのか、といったことをお話します。

 

そもそもプラセンタには体のバランスを整える機能があるとされています。

 

仮に、体のバランスを整えられるのであれば、不眠症も解消できるのでは、と思いますよね。

 

真実はどうなっているのでしょうか。

 

 

■プラセンタには不眠を解消するチカラがある!

 

・自律神経の乱れを緩和してくれる
・ホルモンバランスを整えてくれる

 

自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが解消されれば、精神状態が安定する事にもなります。

 

プラセンタによってそれらの効果が得られることで、精神的な落ち着きが取り戻せるのです。

 

その結果、スムーズな睡眠を獲得できる、といったこともあるのです。

 

具体的にお話をすると、睡眠は副交感神経が大きな役割を果たしています。

 

交感神経と副交感神経があるのですが、交感神経は興奮するような時に利用されています。

 

一方で、副交感神経はリラックスをもたらしてくれます。

 

寝る時に副交感神経が優位になることが大事なのです。

 

しかし、精神的な不安などがあると、どうしても交感神経が優位になってしまいます。

 

その結果が不妊症なのです。

 

プラセンタを摂取することで、副交感神経を阻害している自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを解消しましょう。

 

プラセンタサプリメントを飲むだけで安眠できるようになれば言うことはありませんよね。

 

 

■プラセンタを摂取することによって、かえって眠れなくなるって聞いたんだけど?

 

・初期症状として眠りにくくなることはある

 

プラセンタを摂取し始めたばかりの時に、かえって覚醒してしまうケースが報告されています。

 

体のバランスが大きく変化していくこともあり、その場合は交感神経が優位に立ってしまいやすくなるのです。

 

しかし、プラセンタサプリを継続的に体内に入れていくことによりその症状は徐々に落ち着きます。

 

一時的にプラセンタによって神経が刺激されたにすぎませんから、あまり気にしないでください。

 

眠りにくくなるといった症状は、2日から3日程度で収まるはずです。

 

1週間以上続いてしまっている場合には、他に眠れない原因があるかもしれないので、医療機関などで検査を受けるなどしてください。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓