生プラセンタは高い効果を期待できるけど安全性はどうなの?

プラセンタサプリメントは効果が注射に比べて低いとされています。

 

そんなサプリメントの状況を覆すものとして、「生プラセンタサプリ」なるものが登場しています。

 

非常に高い効果がある、とされているのです。

 

しかし、気になってしまうのが、安全性ですよね。

 

生、とのことなので管理も大変そうです。

 

こちらでは、生プラセンタの安全性について明らかにします。

 

利用を計画していた方は必見ですよ。

 

 

■傷みやすい事実あり

 

・生なので保管には気をつけること

 

生プラセンタとのことなので、管理方法を誤ってしまうとせっかくのプラセンタが劣化してしまう可能性があります。

 

劣化したものを飲んでいたとしても、効果は得られません。

 

そもそも、プラセンタを利用している意味さえなくなってしまうのです。

 

 

・生プラセンタはどのように保管すればよいのか?

 

季節的なこともありますが、基本的には冷蔵保存をしてください。

 

冷蔵庫に入れておき、飲む時だけ取り出すのです。

 

常温保管してしまうと、生なので温度や湿度などに影響を受けてしまう可能性があります。

 

そもそも非加熱の状態となっているので、温かいところにおいておくと菌などが発生してしまう可能性も捨て切れません。

 

健康のためにプラセンタを飲もうとしているのに、かえって不健康になってしまったら意味がありませんよ。

 

 

■プランタ自体には大きなリスクはなし

 

・生プラセンタもプラセンタであることに変わりなし

 

非加熱処理されている、といったこと以外は特別大きな違いはありません。

 

ですから、安全な成分を摂取できることには変わりないのです。

 

プラセンタサプリですが、飲むと一時的に体調が悪化するように感じることもあります。

 

ただ、その体調の悪化に関しては、好転反応と捉えるべきものもあります。

 

身体が良い状態になる前に一時的に体調が悪化割いたように感じてしまうのです。

 

しばらくすれば回復するので、生サプリメントを飲んで体調が悪くなったとしても、ちょっとしたものであれば飲み続けてください。

 

 

■生プラセンタと一般的なプラセンタの違いって何?

 

・成分が多く含まれている生プラセンタサプリ

 

プラセンタサプリは加熱処理されているものにも多くの成分が含まれています。

 

しかし、加熱処理をされると、幾つかの成分が破壊されてほとんど摂取できなくなってしまいます。

 

生プラセンタサプリメントであれば、熱で破壊されるはずだった栄養素もしっかりと吸収できる、といったメリットがあるのです。



おすすめ記事※話題ののプラセンタサプリを実際飲んだ体験談↓↓